SM クラブで働いたら終わり

一般社会でも趣味を仕事にしたら終わりと言われることが多いですね。

女性は男性と違って、プライベートでパートナーが見つからない場合に、SMクラブで妥協して僅かでも SM を感じるといった選択肢がありません。
「女性に責められたい」「女性を責めたい」というレズの方であればお金を払うことでそれは可能です。

しかし SM クラブというところはあくまでただの風俗店であり、女性スタッフと男性客という図式が当たり前であり、スタッフも男性をリピートさせお金を稼ぐための訓練しか行なっていないため、女性を満足させるテクニックは持ち合わせていません。

またただの風俗店である以上、精神的な快楽などそこには存在するわけが無く、逆にこういった場所にそれを求めるようであれば、お客さんが間違ってるということになるでしょう。
あくまで大人がおふざけをする遊び場が SM クラブなのです。

そして何よりプライバシーの問題があります。
SM クラブなどは他の風俗店と違い、会員制で最初に身分証明書の提示が必要なところがほとんどです。
ですが風俗店を経営しているような会社の上を辿っていけば、どういう人達が居るかは誰でも想像が付くと思います。
そういう人達に自分の個人情報と性癖を教えるなど、恐喝してくれと言ってるようなものです。
大半の人は何事も無いかもしれません、ですが男性が社会的地位があり資産を持っていたり、女性がルックスが良く風俗店で大きく稼げるような人だった場合はどうでしょう?
これは SM クラブに限ったことではありませんが、プレイルームに隠しカメラがあって、自分が知らないところで、裏ビデオの世界で自分は一銭も貰えない AV 女優になっていたなんてことは日常茶飯事です。

この時点で大半の人が諦めてしまいます。
勿体無いことに、SM に興味があるのに、自分がSやMであることを自覚してるのに、SM が好きなのに、その世界に踏み込む入り口を見つけられないまま終わってしまうのです。

SM クラブの罠

しかし中にはもう一つの選択肢に気付く方もいます。
趣味を活かしてお金も稼いで、その世界に身を置くことで出会いも期待し、自分の欲求も満たしてしまおうという、一見合理的に思える SM クラブの風俗嬢に足を踏み入れてしまうのです。
そしてこれがS女M女問わず、あなたを SM の世界から完全に脱線させる罠となるのです。

何故私がそう言い切るのか、様々な面から一つずつ解いていきましょう。

欲求は満たされるのか

あなたがS女の場合

あなたが真のサディストだとしましょう、あなたは次のいくつかの欲求の内、大半を欲しているはずです。
支配・管理・独占・絶対服従・優越感・束縛・決定権・主導権・愛する者を跪かせたい・自分が相手を思う以上の相手からの自分に対する好意、など。
これらをクラブの女王様で得られるのか考えてみましょう。

支配
出来ません、逆にあなたは金で買われた身分が下の人間です。
管理
あなたが経営者に管理されている側です。
独占
金次第であなたが独占される側です。
絶対服従
客の服従させろという命令にあなたが服従する側です。
優越感
医者や弁護士を相手にプレイしようと、事が終われば社会的地位のある人と風俗嬢の関係でしかありません。
束縛
出来ません、あなたは客から見れば都合の良い他人でしかありません。
決定権
客の許しが無ければ何の決定権もありません。
主導権
全て客が握っています。
愛する者を跪かせたい
肉欲を満たせて容姿が良ければそれで良いという客しか来ないので、あなたが愛せるような人との出会いはありえないでしょう。
好意
金で買える女として好かれるでしょうが、それ以上は無いというより客側がそれ以上は迷惑です。
プライベートで大切な女性が他に居て、SM欲だけが満たされて無い人があなたの元を訪れるだけです。
受け止められたい
まず風俗嬢でこの発想を持てるような真っ当な人間は居ないと思いますが、もし居たとしたらあなたはもう自分の環境の限界を知った上で演技で金を回収してるだけの、偽物をわかって売ってるペテン師です。

この様にクラブでの SM でハッキリ言えることは、サディスト・マゾヒストの S・M の関係ではなく、マスター・スレイブの M・S の関係でしかないのです。
つまりMが支配し、Sが奴隷として従うサービスのSと言うことです。

あなたがM女の場合

上に書いたSの対になる欲求が多いかと思いますが、M独特の欲求もいくつかあるでしょう。
では同様にM女がクラブで働くケースを考えて見ましょう。

支配されたい
お金で買われるわけですからある意味支配されている感覚でしょうが、あくまでお店のルールに支配されているわけであって主人は店のオーナーでありプレイ相手ではありません。
管理されたい
お店のシステムに管理されています。
独占されたい
それでは仕事になりません、誰にでも体を捧げる風俗嬢の自覚を。
絶対服従したい
これは得られます。店にも客にも絶対服従です。
しかしプレイ内容は決まっていて、NGプレイも先に決まっているので、絶対に服従可能なぬるい絶対服従関係であります。
劣等感
これは得られます。ハッキリ申し上げてこの世で最も惨めな職業に就き、業務内容は奴隷であり、主人を選ぶことも出来ないのですから、立派な底辺です。
羞恥心
これは最初だけ得られます。慣れてくると相手が変われど客と二人っきりの個室で毎日同じことをやってるのですから、それが普通になり羞恥心など無くなります。
プライベートのようにエスカレートが無いのですから、相手が変わる度に初歩的なプレイを最初からやり直すことの繰り返しです。
束縛されたい
風俗に行くような男は、同じ女と二回やるなら二人の違う女と一回ずつやりたいと考えます。
風俗嬢を束縛したいなどと非常識な発想を持つ男は居るわけがありません。
導かれたい
システムが決まっていて制限時間で欲求を満たすことに集中している男性に、あなたを導いてる暇などありません。
仮に次また同じ店に来たとしてもその時居るかどうかわからない女を育てる人は居ません。
染められたい
毎日何人も相手にしてる肉便器を、自分色に染めて愛奴にしたいと思う男が存在するとは思えません。
凌辱されたい
システムの範囲内でならされるでしょう。
自分好みじゃない客を次々と相手にするわけですから、レイプされてるのと同様なわけで、内容よりも精神面で言えば最高の凌辱環境かもしれません。
愛されたい
女から見て風俗通いをしている男を愛せますか?
その何百倍も相手に性行為を行なっている風俗嬢を愛せると思いますか?
性欲に負けて風俗に行く男なんて、射精の後頭が切り替わって真っ先に考えるのは病気の心配です。
客があなたに望むことは「頼むから病気じゃありませんように」という願いだけです。
癒されたい
貰った給料で欲しい物でも買って下さい。
理解されたい
体だけは理解してくれるかも、客にとって風俗嬢の心に用は無いでしょう。

風俗でのお遊びはどれだけ追求したところで、SMの世界から見れば真逆の環境で試行錯誤しているのですから、サッカー選手になるために野球の練習をしているような物なのです。

出会いはあるのか

SM 関係の出会いは無いです。
風俗通いの男と風俗嬢のプライベートな関係の構築という小さな夢でよければあります。
但し共にSMイメージプレイというか SM ごっこを真のSMと勘違いしている同士なので、一瞬で飽きるのでやめた方がいいです。
女王様の発言などでよく聞く話でしょう、「結婚するのは普通の人がいい」誰もが口にする名言。
やってる本人が一番解っているのですよ、日頃自分がやってる SM はろくでもない行為だと。

というか、客側から見てありえないですよね、風俗嬢と人生を共にしていこうという発想は。
性病検査はすぐにわかるとしても、エイズ検査は潜伏期間を考えたら検査するだけ無駄でしょう、潜伏期間の間貞操帯つけて過ごさせてもその時には年齢が…
これに関しては風俗通いしてる男もですけどね。

世間体という問題もあるでしょう、嫁が元風俗嬢というのは少なくとも結婚式で紹介できるエピソードではない以上、どんなに肯定して本人が乗り越えたところで、世間の答えは決まってるわけです。
言っておきますが今はネットの時代です、都合の悪いことほど簡単に出てくるものです。

SM にクラブに通う男性へ一言

当サイトは女性向けサイトなので、男性は観ていないと思いますが、一応触れておきます。

SM クラブの実態を知らずに通ってる人が居たらかわいそうなので申し上げます。
リアルでもネットでも性を商売としているところへ客として関わるのなら、その会社の女性スタッフ募集内容を見ることが賢い見極め方です。
数件の SM クラブの女性スタッフ募集に書かれている文章を読んだだけでも、あっと驚くようなことが書かれています。

  • S女性募集。M男性を相手するだけの簡単なお仕事です。
  • M女募集。初心者歓迎、経験問わず。接客を通じて指導します。
  • スタッフ募集。SMに興味が無くてもOKです。決められたことを行なうだけのお仕事です。

このように「SM クラブに SM は無い」です。
こんな募集で働いてる女に、こんな質を考えない狩猟型ビジネスをやってる会社にあなたはお金を届けてるのですよ。
大半がこんなお店ばかりなのです、満足が得られないのは当然です。


お金は稼げるのか?という件に関しては、長くなりましたので次の記事で書きます。
クラブ勤めに SM は求めず割り切って、という方も居るかと思いますので是非御覧下さい。
続き>>>SMクラブでお金は稼げるのか?

コメント

コメントの投稿